相続と不動産

相続と不動産

不動産を相続する時、単有相続(1人)なのか複数相続(2人以上)など色々なケースがあります。
単有相続(1人)であれば、その人の考えで判断する事ができますが、複数相続した場合「持分」という相続人一人ひとりが権利を有する事になり持分物件となります。持分物件の売買・売却に関しては諸条件にもよりますが、一般的には、不動産価値は低くなってしまい、 売却事態難しく不動産業者等に相談・依頼しても対応してもらえないのが実態です。

問題点(持分物件)

① 不動産としての価値が大きく減ってしまう。
② 持分物件などは、業者等に相談しても対応してくれない。
③ 持分物件は、対応が難しくて時間がかかるので、解決を急ぐあまり、市場価格よりも非常に安価な金額で売却してしまう恐れがある。
④ 建物などを建てることや建替えする事ができない。
⑤ 売買・売却する時は、所有者(共有持分相続者)全員の同意が取れないと売却できない。

解決策

① まずはお電話・ご相談ください。
② 当社では、お客様や物件事の諸条件を考慮した上で解決策をご提示させて頂きます。場合によっては、関係者の方々ともしっかり時間を掛けて面談・打合せ・交渉させていただき、問題解決に取り組んでいき、最終的に喜んでいただけるよう対応いたします。

お気軽にご相談ください

CONTACT US

メールで問い合わせる

フォームよりお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

お電話での問い合わせは

受付時間 10:00〜18:00 (水曜定休)
052-901-9898
Fudousan Plugin Ver.5.2.1