不動産売買の知識

不動産を少しでも高く売るために、最も大切な事、それは「不動産の仕組みを知る」事です。ほとんどの方は、不動産を仲介や買取で売却するという経験はありません。ですから、しっかりと知識を身につけ、仕組みを知ることで、不動産売買での失敗を防ぐことが出来ます。

不動産を売却する場合に、、不動産業者と結ぶ事が出来る契約には3つの種類があります。

代理契約

売主から委託されて販売活動を行う契約。
買主は手数料を払わないのが通例です。

買取契約

業者が直接不動産を買い取る契約です。
スピードが速いのが特徴。

仲介契約

売主と買主の仲介を不動産業者が行う契約。
売主、買主双方が仲介手数料を支払う。

不動産 仲介とは

不動産仲介契約とは、不動産の所有者から「物件を買いたい人を探して欲しい」という依頼の元、売却活動を行う契約です。

依頼を受けた不動産業者は、チラシやインターネット等を通じて買主様を探します。販売価格は、売主様の希望を考慮して決めていきますが、買主様が見つからない場合には販売価格を下げたり、チラシなど広告の量を増やすなど努力が必要です。
買主様を探すときには、仲介業者の営業力やネットワークも重要になってきます。買主様が見つかるまで時間が掛かることもあります。

買主様が見つかり、仲介契約が成立すると売主様、買主様双方から「仲介手数料」が仲介業者に支払われます。

お気軽にご相談ください

CONTACT US

メールで問い合わせる

フォームよりお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

お電話での問い合わせは

受付時間 10:00〜18:00 (水曜定休)
052-901-9898
Fudousan Plugin Ver.5.2.1