名古屋市無料耐震診断のお勧め

名古屋市無料耐震診断のお勧め

わが家の耐震診断(木造住宅)

この診断法の対象範囲

  • 木造一戸建住宅(在来工法)を対象にしています。
  • 2階建までが対象です。
  • 専門的な知識がなくても、記入上の注意をよく読んで手順を追っていけばできるようになっています
  • 昭和56年5月31日以前に着工した建物を対象
  • 診断結果は、あくまでも目安

記入上の注意

  • AからFまでの6項目について該当する数値を1つ(2つ以上ある場合はもっと低い数値)を選び記入します。
  • 下記の式を使って総合評点を求めることにより、木造 住宅の概略的な耐震診断を行うことができます。

地盤・基礎について

基礎 地盤/良い・普通 地盤/非常に悪い
鉄筋コンクリート造布基礎 1.0 0.7
無筋コンクリート造布基礎 1.0 0.5
ひびわれのあるコンクリート造布基礎 0.7  
その他の基礎 (玉石 、石積 、ブッロク積み) 0.6  
地盤 A=
  • 良い・普通の地盤:洪積台地または同等以上の地盤(下記以外のもの)
  • やや悪い地盤:埋立地及び盛土地で大規模な造成工事(転圧・地盤改良)によるもの
  • 非常に悪い地盤:軟弱地盤、海、川、池、沼、水田等の埋立地および丘陵地の盛土地で小規模な造成工事によるもの、液状化の可能性があるところ

建築物の形について

整形 1.0
平面的に不整形 0.9
立体的に不整形 0.8
建造物の形 B=

壁の配置

つりあいの良い配置 1.0
外壁の一面に壁が1/5未満 0.9
外壁の一面に壁がない(全開口) 0.7
壁の配置 C=

建物の4面の外壁の壁量のバランスをみます。4面の内、評価がもっとも低い面の値をとります。

筋かい

筋かいあり 1.5
筋かいなし 1.0
筋かい D=

壁の割合

壁量 建て方/平屋建 建て方/二階建
壁が多い 1.5 1.2
壁がやや多い 1.5 1.0
普通 1.2 0.7
やや少ない 1.0 0.5
少ない 0.7 0.3
壁の割合 E=

1階部分の壁の量を判断して、住宅の階数によって評点を決めます。

老朽度

健全 1.0
老朽化している 0.9
腐ったり、白蟻に喰われている 0.8
老朽度 F=

健全:新築時の良い状態を維持している場合です。
老朽化している:建築後年月を経過し、屋根の棟の線が波をうっていたり、あるいは柱に傾きがきがあり、建具のたてつけが悪くなっているなどの場合です。土台をドライバーで突いてみて、ガサガサとなっているかどうかで調べます。建物の北側と風呂場まわりは念入りに調べます。白蟻は、梅雨時に羽ありが集団で飛び立ったかどうかも判断材料になります。

診断結果の判定


総合得点が次のどのランクに当たるかによって診断の結果を判定してください。

総合得点 判定
1.5以上 安全と思われます
1.0以上 1.5未満 専門家の精密診断を受ければ、なお安心です
0.7以上 1.0未満 やや危険であると思 われます
0.7未満 倒壊又は大破壊の危険 があります

お気軽にご相談ください

CONTACT US

メールで問い合わせる

フォームよりお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

お電話での問い合わせは

受付時間 10:00〜18:00 (水曜定休)
052-901-9898
Fudousan Plugin Ver.5.2.1